早割クーポン! 「スクリーン印刷」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

早割クーポン! 「スクリーン印刷」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理


■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2011年9月1日
■資料体裁:A4版、214頁、簡易製本
■ISBN:978-4-904967-63-8




★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

■本誌の特徴等
1.調査目的
 「スクリーン印刷」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)どの関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)最近注目する技術は何なのか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集と処理
 本調査報告書は、「スクリーン印刷」に関する過去10年間(国内公開日:2001年~2010年)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト 「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は7,851件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、次の三つの部分から構成されている。

1.パテントマップ編
 A.全般分析
 B.詳細(出願人、特許分類、キーワード)分析

  ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)においては、
  下記3グループの観点からも分析を行った。
  (1)手段・装置系キーワード(制御手段・装置、移動手段・装置など19個)
  (2)工程系キーワード(焼成工程、塗布工程など18個)
  (3)目的・効果系キーワード(容易、均一など19個)

2.パテントチャート編

3.総括コメント

4. 本報告書の特徴
 ●「スクリーン印刷」に関する技術動向が分かりやすく把握できる
 ●パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい
 ●パテントマップViewer(添付ソフト)により、パテントマップおよび
  パテントチャートの当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることが
  できる



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編
A.全般分析
 A-1.全体の技術開発ライフサイクル
 A-2.公開件数の推移(年次と累計)
 A-3.出願人数の推移(年次と累計)
 A-4.新規発明者数の推移(年次と累計)
 A-5.新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
 A-6.新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
 A-7.新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
 A-8.出願人別公開件数ランキング(上位100)
 A-9.発明者別公開件数ランキング(上位50)
 A-10.FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
 A-11.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
 A-12.Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
 A-13.Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
 A-14.1位Fタームテーマコード(2C035)の技術分類別件数(観点×数字)
 A-15.2位Fタームテーマコード(5E319)の技術分類別件数(観点×数字)
 A-16.発明者別公開件数グロスランキング(上位20)
 A-17.出願人別参入・撤退状況(最近40、公開件数5件以上)
 A-18.FIメイングループ分類別出現・消失状況(公開件数上位40)
 A-19.FIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位40)
 A-20.Fターム分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
 A-21.出願人別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
 A-22.FIメイングループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
 A-23.FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
 A-24.Fターム分類別公開件数伸長率(上位50、件数差9件以上)
 A-25.FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差10名以上)
 A-26.FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差10名以上)
 A-27.Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差25名以上)

B.詳細(出願人、特許分類、キーワード)分析
 B-1.上位20出願人比較分析
 B-1-1.公開件数比較(期間着目:2期間+全体)
 B-1-2.公開件数の推移(累計)
 B-1-3.共同出願人数の推移(累計)
 B-1-4.新規発明者数の推移(累計)
 B-1-5.新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
 B-1-6.新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
 B-1-7.新規Fターム分類数の推移(累計)
 B-1-8.新規キーワード数の推移(累計)
 B-1-9.上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
 B-1-10.上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
 B-1-11.上位20Fターム分類との公開件数相関
 B-1-12.上位2Fタームテーマコード分類における公開件数比較
 B-1-13.手段・装置系キーワードとの公開件数相関
 B-1-14.工程系キーワードとの公開件数相関
 B-1-15.目的・効果系キーワードとの公開件数相関
 B-1-16.手段・装置系キーワードとの発明者数相関
 B-1-17.工程系キーワードとの発明者数相関
 B-1-18.目的・効果系キーワードとの発明者数相関
 B-1-19.公開件数占有率
 B-1-20.公開件数の伸びと1位Fターム分類[2C035AA06]に関する構成率比較
 B-1-21.発明者数*FIサブグループ分類数の比較

 B-2.上位5出願人個別分析
 B-2-1-*.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
 B-2-2-*.Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
 B-2-3-*.FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
 B-2-4-*.Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
 B-2-5-*.FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
 B-2-6-*.キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
 B-2-7-*.独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
 B-2-8-*.独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
 B-2-9-*.共同出願人との連携
   注:*は、上位5出願人が該当。

 B-3.パナソニック、大日本印刷2社分析
 B-3-1.2社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
 B-3-2.2社のパナソニック上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
 B-3-3.2社の大日本印刷上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
 B-3-4.2社のFIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
 B-3-5.2社のFターム分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
 B-3-6.パナソニックの公開件数伸長率変遷
 B-3-7.大日本印刷の公開件数伸長率変遷
 B-3-8.2社とFIサブグループ分類(上位20)との公開件数相関
 B-3-9.2社とFターム分類(上位20)との公開件数相関
 B-3-10.Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)

 B-4.上位特許分類分析
 B-4-1.FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(期間着目:2期間+全体)
 B-4-2.FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(期間着目:2期間+全体)
 B-4-3.FIメイングループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
 B-4-4.FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
 B-4-5.FIメイングループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
 B-4-6.FIサブグループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
 B-4-7.FIメイングループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
 B-4-8.FIサブグループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
 B-4-9.FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
 B-4-10.FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
 B-4-11.Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)

 B-5.特定特許分類分析
 B-5-1.特定FIサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
 B-5-2.特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
 B-5-3.特定FIサブグループ分類の新規出願人数の推移(年次)
 B-5-4.特定Fターム分類の新規出願人数の推移(年次)
 B-5-5.特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移(累計)
 B-5-6.特定Fターム分類の新規発明者数の推移(累計)
 B-5-7.特定FIサブグループ分類H05K3/34の公開件数伸長率変遷
 B-5-8.特定FIサブグループ分類B41F15/08の公開件数伸長率変遷
 B-5-9.特定Fターム分類2C035AA06の公開件数伸長率変遷
 B-5-10.特定Fターム分類5E343DD03の公開件数伸長率変遷
 B-5-11.特定FIサブグループ分類H05K3/34の出願人別公開件数ランキング
      (上位50)
 B-5-12.特定FIサブグループ分類B41F15/08の出願人別公開件数ランキング
      (上位50)
 B-5-13.特定Fターム分類2C035AA06の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 B-5-14.特定Fターム分類5E343DD03の出願人別公開件数ランキング(上位50)

 B-6.キーワード分析
 B-6-1.キーワード別公開件数ランキング(上位100)
 B-6-2.キーワード別出現・消失状況(最近200、公開件数5件以上)
 B-6-3.キーワード別公開件数の伸長率(上位50)
 B-6-4.手段・装置系キーワードの公開件数の推移(累計)
 B-6-5.工程系キーワードの公開件数の推移(累計)
 B-6-6.目的・効果系キーワードの公開件数の推移(累計)
 B-6-7.手段・装置系キーワードの出願人数の推移(累計)
 B-6-8.工程系キーワードの出願人数の推移(累計)
 B-6-9.目的・効果系キーワードの出願人数の推移(累計)
 B-6-10.手段・装置系キーワードの新規発明者数の推移(累計)
 B-6-11.工程系キーワードの新規発明者数の推移(累計)
 B-6-12.目的・効果系キーワードの新規発明者数の推移(累計)
 B-6-13.手段・装置系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
 B-6-14.工程系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
 B-6-15.目的・効果系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
 B-6-16.手段・装置系キーワードと工程系キーワードの公開件数相関
 B-6-17.手段・装置系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関
 B-6-18.工程系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関

2.パテントチャート編
 (1)富士フイルムの時系列チャート(2007年~2010年)
 (2)日立製作所の時系列チャート(2007年~2010年)
 (3)富士フイルムの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者の
   マトリクスチャート(2007年~2010年)
 (4)日立製作所の上位3FIメイングループ分類と上位3発明者の
   マトリクスチャート(2007年~2010年)

3.総括コメント

<参考資料>
【資料1】出願人統合リスト
【資料2】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方
【資料3】パテントマップ Viewer(添付ソフト)の使い方


講座・講演

都合により更新停止中です。ご不便をおかけしておりますがよろしくお願いいたします。

早割クーポン! 「スクリーン印刷」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理!
スーパーセール開催中! お得なクーポン発行中! 特典付 正規品 ポイント10倍 REAL MIND[リアルマインド] インディゴ ハンドバッグ AI0290 5222110 lily19■平成26年2月1日(土曜日)〜 配布中
■十日町市博物館 窓口で配布
十日町市の文化遺産カードは第3弾を加えて14種類となりました。全部集めて文化遺産ツウになろう!
十日町のきもの歴史展
プレミアム NEW クローム スターター ハーレーダビッドソン Harley Davidson FXSTD, FXSTSSE, FXSTSSE2, FXSTSSE3 (海外取寄せ品)■平成28年5月3日(火曜日・祝日)〜15日(日曜日)
■十日町市市民交流センター(分じろう)
アンギンから、越後縮、明石ちぢみ、マジョリカお召など、十日町の織物の歴史をたどるきもの資料を展示します。

早割クーポン! 「スクリーン印刷」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

過去のお知らせ一覧へ

笹山日記

スーパーセール開催中! お得なクーポン発行中! 特典付 正規品 あす楽 ポイント10倍 【カステルバジャック】【CASTELBAJAC】スピカ ショルダーバッグ B5 097101 97101 ikt02

雪文化三館|十日町市博物館

スーパーセール開催中! お得なクーポン発行中! 特典付 正規品 ポイント10倍 CHARMISS シャルミス リネントランクケース 25-5011 1738960 uno28

じっぱくブログ|十日町市博物館

MEGA スライド アジャスタブル PEDAL キット WITH GAS PEDAL MOUNT, Dunebuggy & VW (海外取寄せ品)

025-757-5531

FAX 025-757-6998

スーパーセール開催中! お得なクーポン発行中! 特典付 正規品 ポイント10倍 mila schon (ミラショーン) トレノ メンズポーチ 薄マチ 299204 ikt02
(入館は4時半まで)

休館日 【送料無料】キヤノン インクタンクPFI-1100PC フォトシアン 160ml 0854C001 1個
年末年始(12月27日〜1月4日)

休館日
前の月 次の月